総ビリルビンとはなんだろう?記事一覧

総ビリルビンとは、血液検査の検査項目でよく使われ、肝機能などの目安になります。総ビリルビン値は、肝機能、胆管障害があると上昇します。総ビリルビンには「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の2種類があります。「間接型ビリルビン」は、赤血球が壊れる時にヘモグロビンが分解されてできます。「間接型ビリルビン」が、血管を介して肝臓へ移動、酵素が働いて「直接型ビリルビン」に変化します。「直接型ビリルビン」...

総ビリルビンは血液検査で確認できる項目の1つで、肝臓や胆管の異常についてしることができます。総ビリルビンは、「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の総称です。血液検査では「総ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の値を測定、その差を「間接型ビリルビン」の値として算出します。基準値はいかのようになります。「総ビリルビン」   0.2〜1.2mg/dl「間接型ビリルビン」 0.8mg/dl以下「直接型...