総ビリルビンと病気の深い関係記事一覧

「総ビリルビン」の値は、肝臓の働きと関係があり、肝臓の働きが悪くなると値が上昇します。「総ビリルビン」は「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の2つの総称です。@赤血球が壊れると、ヘモグロビンが分解されて「間接型ビリルビン」が血中に放出される。A「間接型ビリルビン」が肝臓へ移動、「直接型ビリルビン」となる。B「直接型ビリルビン」は胆汁の成分となり、肝臓から胆のう、十二指腸、小腸を経由して、腎臓...

黄疸は、血液中に黄色い色素である「総ビリルビン」が増えて、皮膚や白目が黄色く見える状態のことです。「総ビリルビン」がなんらかの障害で血液中に大量に放出されると、黄疸となります。総ビリルビンは「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の2種類があり、肝臓を通じて次のように変化します。@赤血球が壊れる時にヘモグロビンが分解されて「間接型ビリルビン」ができる。A「間接型ビリルビン」が肝臓へ運ばれ、「直接...