総ビリルビンは黄疸を伴うことがあります。

黄疸は、血液中に黄色い色素である「総ビリルビン」が増えて、皮膚や白目が黄色く見える状態のことです。
「総ビリルビン」がなんらかの障害で血液中に大量に放出されると、黄疸となります。

 

 

総ビリルビンは「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の2種類があり、肝臓を通じて次のように変化します。
@赤血球が壊れる時にヘモグロビンが分解されて「間接型ビリルビン」ができる。
A「間接型ビリルビン」が肝臓へ運ばれ、「直接型ビリルビン」に変化する。
B「直接型ビリルビン」は胆汁の一部として、肝臓から胆嚢、十二指腸、小腸を経由し、腎臓や大腸から、尿や便として体外に排出される。

 

この@〜Bと黄疸の種類は密接に関係しています。

 

・溶血性黄疸…@と関連
赤血球が大量に壊れ、ヘモグロビンが血中に放出、血中の「総ビリルビン」の値が異常に高くなります。
肝臓などの器官に障害がなくても、赤血球が壊れる、免疫によって壊れる、などの場合におこります。
溶血性貧血、タマネギ中毒、先天的な異常などが考えられます。

 

・肝細胞性黄疸…AやBと関連
肝臓が弱っており、肝臓で「間接型ビリルビン」から「直接型ビリルビン」への変化ができない場合や、胆汁の体外への排出ができない場合におこります。
急性肝不全、胆管炎、肝硬変、肝腫瘍、細菌性敗血症などが考えられます。

 

 

・閉塞性黄疸…Bと関連
胆汁の流れが胆管のどこかで止まり、総ビリルビンが血中に逆流してしまいおこります。便に胆汁が排出されないので、便の色が白〜灰色となります。胆管炎、胆管肝炎、胆嚢炎、胆泥症、胆石、腫瘍などで胆管が圧迫された場合などが考えられます。

 

他にも病気ではありませんが、黄疸を出す場合はあります。
・体質的に肝臓でビリルビンを処理する力が弱い人
先天的に肝臓でビリルビンを処理できないので、「総ビリルビン」の値が高いです。
・新生児黄疸
新生児は肝機能が低いため、新生児黄疸だします。肝臓が機能すると自然に黄疸は消えます。

 

関連ページ

総ビリルビンが高いと考えられる病気
総ビリルビンを下げる為の重要な食生活、習慣、気を付けておきたい病気、疾患、結石や黄疸など、総ビリルビン関係の情報まとめ。