手軽に肝機能アップ!サプリメント情報記事一覧

「総ビリルビン」の値は肝臓の働きと密接な関係があります。総ビリルビンは「間接型ビリルビン」と「直接型ビリルビン」の総称です。1.赤血球が壊れる時にヘモグロビンが分解されて「間接型ビリルビン」ができる。2.「間接型ビリルビン」が肝臓へ運ばれ、「直接型ビリルビン」に変化する。3.「直接型ビリルビン」は胆汁の一部として、肝臓から胆嚢、十二指腸、小腸を経由し、腎臓や大腸から、尿や便として体外に排出される。...